栄光義塾で英語偏差値40から65!物理偏差値70、数学偏差値68まで伸びています!受援相談

栄光義塾で英語偏差値40から65!物理偏差値70、数学偏差値68まで伸びています!受援相談

栄光義塾です!

栄光義塾の通っている生徒の科目別指導で英語の偏差値が40から65まで伸びています!

他の生徒では日本史が偏差値55から80と驚異的に伸びている生徒もいます。

数学も偏差値42から68まで伸ばし続けている生徒もいます。

物理も偏差値48から偏差値70まで来ている生徒もいます。

これだけ伸ばすにはもちろん理由があります。

あまり教えたくはないですが、栄光義塾が成績を伸ばすには、個別や学校の授業にプラスを加えているからです。これがあるのと無いのとでは全然違います。

それがPlan(計画)・test(テスト)・analyze(分析)の一手間を加えるだけで、これだけの成績に違いが出ます。栄光義塾はこのこれまであるものに新しいプラスを加える事で生徒の実力を高めて成績を上げていきます。

まずは、絶対的に生徒の土台である学校準拠の定期テスト、実力を示す模試の基準が明確でなければいけません。その基礎基準が、定期テスト平均+15~20、記述模試偏差値60、マーク模試8割、中学生模試350点の基準です。

勉強にとって土台はとても大事です。この土台が無い状態ではどれだけ個別を受けても授業を聞いても成績が思うように伸びていかない根本的な理由です。もちろん、個別や授業が良くないといっているわけではありません。

実際、栄光義塾も個別指導を採用しておりますし、その個別の回数にもこだわっています。

しかし、何のPlanもない状態で成績を上げるための土台を作る方が無理に等しいです。この状態で個別指導だけを繰り返しても成績を伸ばす事は栄光義塾では出来ません。これははっきりと断言できます。

私たちはこれまでの経験で、Plan/test/analyzeが土台を作り、基礎実力を高めていきます。それは、問題を早期発見、早期改善が出来るからです。

これまでにも勉強で苦しんでいる生徒、悩んでいる生徒、成績が下がり出している生徒が栄光義塾のPlan/test/analyzeで自信を取り戻し、誰もが想像すらしていなかったかもしれない大学や高校に合格を掴んでいる姿を何度も見てきています!

夏期講習で待ってます!