医学部受験!学年下位から近畿大学医学部合格に何故、現役で掴むことが出来たのか!

医学部受験!学年下位から近畿大学医学部合格に何故、現役で掴むことが出来たのか!

医学部受験に強い!

栄光義塾は少数精鋭の塾として、これまで思うように成績が伸びていかなかった生徒が、やり方を変え、考え方を変え、初心に戻って、再度、志望校を目指す生徒の為の塾です。

医学部を目指す生徒は、当然のようにこれまでにも勉強をしてきた生徒です。

では、どんな勉強を中心に行ってきたかを生徒に聞くと、多くの生徒は先取り学習もしくは独学。この生徒も中学まではこの先取り学習で上手くいっていたが、高校に上がると、一気に成績が下がり続けてしまい、それで私たちの所に相談に来てくれました。

彼にとって、一体、何が原因で中学まではトップクラスにいた生徒が、高校に入ったとたん、成績が下がっていったのか。

答えは、簡単です。

基本を全く持って意識をしてこなかっただけです。

彼の場合は、特に数学の基本が秋期講習で確認をすると全く持って抜け落ちていました。確かに、中学まではそれでも点数が取れていたのであまり気にしていなかったとのことで、この理系の基本である医学部受験の基本である数学が、高校に入ってから、数学だけでなく化学、物理にまで影響してしまい、彼とあったときには、この理系科目が全くできない状態でした。

もちろん、中学だけでなく、高校に入ってからも先取り学習で結果が出ているのであれば、何も勉強のやり方を変える必要は特にありません。

しかし、この勉強で成績が下がり始めた状態の中でも、この勉強を進めてしまっても、分からないまま進んでも上手くいかないのは言うまでもありません。

高校3年間は、本当にあっという間に受験生を迎えてしまいます。

彼は、そのことに気が付き、高2の秋から数学と化学の2科目に取り組み、そして高3には、英数物化の4科目に取り組んで見事に現役で近畿大学医学部に合格を掴むことが出来ました。

数学が苦手な生徒が、物理や化学が得意という生徒はあまり聞きません。

まずは、数学を基礎の公式から復習しなおし、化学も今学校で習っている範囲は、彼にとってレベルが高すぎるので、同じく基礎から勉強をし直し、この勉強を約半年の6ヶ月徹底的に取り組んで行きました。

当然、この間の、定期テストや模試は一切、気にしないという事を生徒本人と確認し、彼の目標は現役医学部合格だったので、彼も迷いなく、この1つの大きな目標に向かって取り組んでくれました。成績を上げるには、受験を制するにはここが最大のポイントです!

この6ヶ月間、競争を一旦離れ、6か月間数学と化学についての基礎力を高めた結果、半年後の模試で、数学と化学の成績が何と学年でトップクラスの成績をたたき出すほどにまでになっていました。

そして、受験学年を迎え、英語と物理を合わせた4科目も、数学と化学の成功が彼を更に基礎力に磨きをかける事を何のためらいもなく取り組んだ結果、これまで全く歯が立たなかったライバルに追いつき、追い越し、医学部現役合格を実現していきました。

これまで取り組んできた勉強は、彼が悪いのではなく、たまたま先取り学習がこの生徒に合っていなかっただけの事で、成績が下位にまで落ち込み、その理由や原因も分からないまま、高1を過ごし、そこから、勇希を持って、周りはハイレベルな参考書で勉強している中、自分だけ基本の参考書を手に最初は彼も抵抗があったと話していますが、この勉強を続けてくれたおかげで、結果、下位から上位へと高校3年間で駆け上がることが出来ました。

栄光義塾は、勉強で苦しんでいる困っている生徒が、これまでのやり方を変える選択肢を提供していく塾です。

今年も、彼のように非受験学年の時点で志望校、受験を見据えた生徒が秋期講習に参加しています!

金沢校は毎週土曜日、高岡校は毎週日曜日に開催しています!

この秋期講習の対象は高1生、高2生の非受験学年生です。それと、更に未来溢れる中学生です!

宜しくお願い致します。