指定校推薦入試

こんにちは、栄光義塾です。めっきり寒くなりましたね。暑かった夏から、秋を飛ばして、冬に近づいた気がします。みなさん、お体には気を付けてくださいね。

ところで、先週、いくつかの高校で私立大学入試の「指定校推薦入試」の校内選考の結果発表がありました指定校推薦とは、推薦入学の一つです。大学が、高校に対して推薦枠を与え、指定校ではその学校に進学を希望する生徒に対して選考を行い、大学はその選抜された生徒に対して面接や小論文などのテストを行って合否を判定する入試です。

 

この指定校推薦には大きなメリットがあります。それは、

1.高校で指定校推薦の校内選考に選ばれたらほぼ大学に合格する(指定校推薦は大学と高校の信頼関係の上で成り立っています。ただし、校内選考後の高校での成績下降や生活習慣態度が良くなければ指定校推薦の高校での内定が取り消しになることもあります)

2.早い時期に合格が内定される。

3.自分の学力以上の大学に合格する可能性がある。

いいですね!

 

高校生のみなさん、みなさんの進学したい大学が私立大学でその大学が通われている高校から指定校推薦で進学できるならチャンスです!

なんせ、ほぼ100%合格できるっていうのがいいです

 

ただ、この指定校推薦にはデメリットもあります。それは、

1。高校での指定校推薦の校内選考が厳しい(高校1年生から良い成績が必要とされます。また英検で2級の合格が必要になることもあります)

2.この入試で合格したら辞退できない(大学進学後も学習をがんばることが要求されます)

3.どの大学のどの学部・学科がこの入試の対象になるか高校3年になるまでわからない(大学で自分の学びたい分野の学部が受験できるかどうかわからない)

などです。

 

でも、メリットの方が大きいと思っています!

栄光義塾の生徒さんも毎年何人かがこの指定校推薦で校内選考で選ばれて悠々と大学に進学されています。

 

今年も塾生の生徒さんが大学入試のこの指定校推薦で校内選考で無事に選ばれました

その生徒さんが指定校推薦入試での校内選考で選ばれた人達の集まりに行ってびっくりしたそうです。

そのメンバーの多くがしっかりした感じの女子ばかりで男子が本当に少なかったそうです。入試制度を考えると、日々の学校活動や高校1年生からの学習成績が重視されるのですから当然なのかもしれません

いろいろ調べてみますと、ある高校のあるコースでは指定校推薦での合格者のほぼ8割を女子が占めていました。そのコースのクラスの男女構成は女子の方が男子よりやや多かったぐらいと聞いています。

これはもったいないことだと思います!どんな問題が本番入試に出るかわからない学校推薦型選抜入試や一般選抜入試と違って、指定校推薦入試はおもに毎回の学校の定期試験の成績や英検の合格で決まります高校での定期試験や英検で点を取るのはそう難しいことではありません

栄光義塾の学校準拠の学習では、毎回定期試験のたびにそのテストの1か月前から塾専用問題集や学校の教科書やワークはもちろんのこと学校で使用しているプリントまで一部再編成し、無理のない計画で学習しています。

徹底個別指導の栄光義塾ですから一人一人に合った指導効率よく出来ます

ですから、ほぼみんなの塾生さんが定期試験で良いスコアーを取り、評定を上げています

今から逆転合格指定校推薦で合格を狙ってみようという高校2年生や高校1年生のみなさん、徹底個別指導の栄光義塾で一緒にがんばってみませんか?

高校2年生のみなさんにとっては、時期的にほぼラストのチャンスになります。

高校1年生のみなさん今、頑張っているけどいい結果が出ていないんであれば、この学年の真ん中の今が変われるチャンスです。

栄光義塾はお待ちしております!

 

[栄光義塾はこんな塾です。一緒にがんばってみたい中学生・高校生のみなさん、入塾の第一歩は面談から始まります。面談はホームぺージ内のお問合せもしくはお電話(076–282-9854)で受け付けております]