岐阜 栄光義塾大垣校が今春開校!国公立大に強い!医薬系に強い!難関私大に強い!

栄光義塾です!

いよいよ、全国共通テストまで残り数日となりました。

受験生にとって、志望校への挑戦に必要不可欠な本番の試験がもうそこまで来ています!

2020年3月に栄光義塾金沢校と栄光義塾高岡校を開校し、受験専門塾として生徒を導いてきました!

一人ひとりの志望校への挑戦を栄光義塾は実現する為に、4つの必要不可欠な勉強法についてお伝えして参ります。この4つ全てに取組むことで勉強が楽しく、できる事に自信を深め、志望校への挑戦を実現していくことができるようになっていきます!!

まずは、①あなただけの365プランニング学習計画を立てていきます!

365というくらいですから、当然、毎日の学習計画を立てていきます。

次に取り組む事は、②強化自習(補習)です!

せっかくの、あなただけの志望校に特化したカリキュラムを作成しても、これを実行に移さなければ意味がありません。

何事も最初が肝心であると同時に、実は最初が大変でもあります。

しかし、これを習慣にし継続できるようになれば、この毎日の学習が当たり前になっていきます。

この毎日の学習こそが、成績を伸ばしていくうえで、また楽しく勉強に取り組める自信を付ける上で、とても重要な実行プランです。

しかも、その実行プランの基本は大学受験であれば今回の共通テストの範囲を中心に取組んで行くという事です。

栄光義塾には、国公立大学を目指す生徒や医薬系の学部を目指す生徒が大勢います。

もちろん、難関私大を目指す生徒もいます。

これらに共通している事は、この共通テストといわれる出題の範囲は、全国の進学校の授業であれば必ず教わる範囲から出題がされます。

特別の高校からしか問題が出ないようでは、全国共通テストにならないからです。

この共通テストを軽んじていては志望校への挑戦は高い壁となってしまいます。何故なら、受験科目の総合点数が何割かで事実上志望校が決まってしまうからです。

ある意味平等ではありますが、ある意味言い訳ができないのが全国共通テストです。

しかし、多くの生徒は共通テストは過去問で済ませようとし、それよりも2次試験対策に取り組み、記述に取組み、このやり方は決して間違ってはいませんが、これは、共通テストの基本が完璧に仕上がってからでも決して遅くはないという事です。

次が、③特に栄光義塾が特に重要にしている担任制による個別指導です。

これは何を意味するか!

これこそが、成績が伸びていく他の塾では一切行われない大変重要な取り組みとなります。

大体の塾や予備校は、科目によって先生が違います。

当然、専門の先生の方が一見よさそうに感じます。

しかし、1人の生徒に対して、寄ってたかって各専門の先生が指導を繰り返しても、1人の生徒のキャパが限界に達し、大体パンクしてしまう傾向になります。

栄光義塾は、一度学校で習った共通テストの範囲を、もう一度プランニングしていく事で成績を上げていく事に重きを置いておりますので、各先生に個別で膨大な量の宿題に追われるより、受験科目全てをバランスよく勉強して継続させることが、最も効果的に成績を上げていく事に繋がっていくことが合格の確率が高まることがわかったからです。

先に書いたように、英語、数学、物理と個別3科目をとって、先生が3人ついてとても手厚く感じますが、それぞれの先生が他の科目の宿題関係なく、課題をだすと、生徒は結局、どれも中途半端になって、結果、成績が伸びずに、また、本人のやる気もなくしてしまう危険があるという事です。一見手厚いは、実は生徒にとっては手厚くないという事です。

これは我々もこの一見手厚い個別に取り組んだ苦い経験もあり、その経験から、受験科目をトータルにプランニングができる担任制を採用してから、どの生徒も最後までついてくることができ、ついてくるという事は、毎日の学習計画を実行しているという事ですので、実力が想像以上につく事に繋がっていく事が証明できたからです。

得意な科目だけでなく、苦手な科目をどう勉強していくか。どう向き合っていくかの見極めは、同じ個別でも、担任制の受験科目トータルに指導してくれる個別と、そうではない単数科目ごとの個別とでは皆さんが考えている以上に、成績の開きは大きくなっていきます。

そのうえで、次なるテーマが④テストの精度を上げることです。

どれだけ勉強に取り組んでも、どれだけ頭では力していても、どれだけ、授業で教わっていたとしても、結局、本番のテストで結果を出さなければ、志望校に合格する事が遠のいていきます。

その為には、テストで結果をだす為の勉強のやり方に切り替えていかなければなりません。

一夜図家や、やったりやらなかったりの勉強では限界があります。

精度を高める勉強法だけを身に着けても、毎日のプランニングやその毎日のプランニングを実行に移さなければ、それはある意味、一夜漬けと同じです。

先生に教わることも確かに重要な事ではありますが、大学受験は特に共通テストといわれる全国の進学校の授業で習うカリキュラムの範囲から出題されますから、教わるより、どちらかというと総合的に受験科目全てに取り組む栄光義塾の担任制の方が結果は出ます。

この栄光義塾の考え方は、この4つの法則に取り組み、結果が出ることで楽しく勉強に取り組む事を教えていき、このような勉強法であれば、報われるという事を生徒一人ひとりに知って頂きたいと考えております。

これは、医学部を目指すにせよ、国立大学を目指すにせよ、基本的にこのやり方は通用します。

この4つは、何も特別難しい勉強に取り組んでくださいと言っているわけではありません。

我々からすると、授業を聞いただけで理解ができたり、一夜漬けややったりやらなかったりの勉強で点数を取ることの方が特別難しい勉強の意やり方だと思っています。

この4つの法則は、より丁寧に、より堅実に、より楽しく勉強ができる事につながります。

楽しくとは、勉強した成果が結果として表れるという事です!!!

何事も、最初が肝心です。

2021年1月!

栄光義塾金沢校、高岡校と、今春岐阜栄光義塾大垣校も開校します!

少しでも多くの方に、結果として表れる報われる勉強にシフトして今年を勝負していただければと思います!!

1月の受験相談で、更に詳しく栄光義塾の4つの勉強法をお伝えして参ります。※この時期の受験相談はご予約が混雑しておりますので各校舎HPからお願いしております。

まだまだ、勉強に取り組んでいる割には結果がでずに楽しめていない生徒はたくさんいると思いますので、栄光義塾は今年も志望校の架け橋となれるよう、全力で受験生をサポートして参ります

 

栄光義塾校舎一同