逆転、挑戦、リベンジが可能な受験が全国共通テストです!この勉強こそが、志望校への逆転合格

逆転、挑戦、リベンジが可能な受験が全国共通テストです!この勉強こそが、志望校への逆転合格

栄光義塾が医薬看護、国立大学、早慶MARCHの実績から裏付けされた受験の勝ち方を教えます!逆転、挑戦、リベンジが可能な受験が、全国の受験生の実に9割以上が受験をする大学受験共通テストです。

この全国平均が国立を目指す生徒が受験する5教科7科目の場合で5割450点~6割540点です。この数字を身て、皆さんはどう思いますか。凄いと思いますか。それとも低いと思いますか。もちろん目指す大学によって、これを凄いととらえるか、低いととらえるかは異なりますが、間違いなく言える事は、医薬看護、金沢大学医学部、旧帝大・国立大学、早慶MARCHを志望校にしている生徒は、この全国平均点では目指すことが限りなく厳しいものとなってしまいます。

しかし、全国平均を見てもわかるように、多くの生徒はこの勉強はやれば点が取れる事は知っていますが、具体的に何をどう取り組めばいいか分からないまま、過去問や演習だけでこれまた多くの受験生が本番を迎えてしまいます。

全国の名だたる中高一貫校は、確かに授業のペースは早いが、その分この総復習の勉強に1年かけて徹底的に基礎を仕上げる時間をしっかりと作ります。

これが、受験の勝ち方を知っている基礎を固めた生徒が共通テストで点を取り志望校に合格が出来る勉強です。

この勉強は国立大学だけでなく、私立大学にも十分に逆転できる勉強です。

この勉強は高校受験でも同じことが言えます。中学模試で点を取るには基礎を固めた生徒が志望校に合格が出来る勉強です。

難易度が上がれば上がる志望校ほど、この基礎力を身に着けた生徒がやはり受験を制しています。

この勉強は、名だたる中高一貫校や、トップ層がひたすら取り組んでいる勉強で、浪人生もトップ層は授業を聞かなくてもいいので、ひたすらこの勉強に取組んでいます。しかし、そうでない生徒は、授業を聞き、予習復習を繰り返し、マーク模試や記述模試などありとあらゆる課題と向き合い、そして混乱してしまっています。

これが共通テストの科目であれ、総合成績であれ5割~6割の生徒が圧倒的に多い理由です。

ここから、抜けだしたい!のであれば、そんなに難しい誰も出来ないような問題に取組むのを少しだけ手を止め、この共通テストで点が取れる、標準問題で点が取れる勉強に出来るだけ早く切り替える事が非常に重要になってきます。

高3受験生は、この科目を国立大学を目指すのであれば4科目~7科目、私立大学を目指すのであれば3科目~4科目、高1高2生は2科目~3科目を、本当にこれから受験まで継続して取り組んだならば、相当の実力者になっている事が想像できると思います!中学生も全く同じです。

栄光義塾は、この勉強を最も得意としていますので、学校の早い授業について行けないで困っている生徒や志望校を何が何でもつかみたい生徒、絶対に負けたくない生徒、勉強しているが成績が上がったり下がったりと安定しない生徒、定期テストではそこそこ点は取れるが、模試になると点が取れない生徒こそ、この栄光義塾の勉強で、今までの悔しさや不安の迷いから解放され、この共通テストにぶつけていく事で、全国のライバルに追いつき追い越すことが実現可能となります!

受験相談はHPからが便利です!夏を制する者は受験を制す!この夏までに基礎を固める科目を何科目作ることが出来るかに挑戦したい生徒は、是非、お越しください!