大学受験で成功する生徒の特長とは!栄光義塾に合う生徒はどんな生徒!金沢校、高岡校、大垣校

大学受験で成功する生徒の特長とは!栄光義塾に合う生徒はどんな生徒!金沢校、高岡校、大垣校

栄光義塾です。

栄光義塾では大学受験で成功する生徒にはある特徴があります。

それは、受験相談で「あなたはどんどん進むやり方で志望校を掴めるとおもいますか」

それとも、「抜けている基本に戻って仕上げていく勉強で志望校を掴めるとおもいますか」と

質問をし、「抜けている基本に戻って取り組みたい!」と答えてくれる生徒は、栄光義塾の場合、そのほとんどが大学受験で成功をしています。

大学受験こそ、基本が必要になる受験はないと考えています。

模試には、マーク模試と記述模試の2種類の模試があります。

栄光義塾にも高校受験を目指す生徒が来てくれていますが、高校受験は1種類のテストで合否が決まります。その為、どうしても応用読解や先取り学習も場合によっては必要になり、栄光義塾でもその受験に合わせた勉強を行っています。

しかし、大学受験は、絶対的に基本を抑える勉強が大事になってきます。

共通テストマーク模試は抜けている基本を抑える事で点数が取れてしまうからです。しかし、基本を抑えた勉強をしていないと、時間が足らない、ケアレスミス、計算違いを繰り返してしまうのも、これもまた共通テストの特徴ともいえます。このマーク模試を抑えることが出来れば国立大学への挑戦は現実味を帯びてきます。

つまり、この共通テストをおさえることが大学受験での成功を勝ち取る方法と言えます。

この共通テストは、大学進学を目指す進学校の生徒であれば、一度基本に戻って取り組む事で、相当点数を取ることが出来ます。

これを8月の第2回マーク模試、9月の第3回マーク模試、11月のプレマーク模試のどの模試で結果を出していくか!

さあ!皆さんならどの模試で結果を出していきたいですか!

抜けている科目や単元は人それぞれ全く異なります。

それを決められたカリキュラムで進めていては到底間に合いません。

かといって、基本が抜けている状態でどれだけ演習を重ね、模試を受けても時間が足らない、ケアレスミスはこれだけでは治っていきません。

それを可能にする方法が、栄光義塾の365プランニング学習計画です。

栄光義塾は、これを1ヶ月であれば30日間、抜けている基本に取り組み続けてもらいます。

3ヵ月であれば90日。これを大変だという生徒は栄光義塾にはいません。

何故なら3年間の総復習を90日~180日で基礎を固めるカリキュラムを生徒1人1人に用意するからです。

一度習った所を思い出す勉強ですので、365プランニング学習計画は十分1人で出来ます。

しかも、この学習計画は生徒専用のカリキュラムですので、生徒自身の弱点補強にもつながります。

出来る科目は、更に効果が発揮されます。

栄光義塾では1年勝負の大切な生徒をお預かりする以上、その基本に戻る学習が適切に行われているかを、生徒任せにすることなく、個別指導、塾での自習(補習)指導、テスト指導により細かく確認していく事で、共通テストで点数が取れる基本が身について行きます。

全然わからなかった化学が、いつもミスばかりの数学が、あれほど苦手だった古典が、英語が、基本に戻ることで十分に点数が取れる状態に仕上げていく生徒が栄光義塾の場合、ほとんどです。

だから、栄光義塾は全国の国立大学、医学部、看護部、薬学部や早慶、MARCH、関関同立といった難関大学を目指す為に作られた塾です。それが栄光義塾に通う生徒が目指す名門大学、難関大ほど、基礎でしっかりと差をつけて点数を上げて合格を勝ち取っていく生徒が多い理由です。

栄光義塾は各学校の順位だけでいううならトップ層も来ますが、ももちろん順位は大事になってはきますが、栄光義塾の基本に戻って取り組む勉強は、あまり学校の順位も影響はあまりありません。

各高校のトップ層もそうではない生徒も基本の勉強に忠実な生徒はほぼ、順位に関係なく伸びていくからです。

注意事項は2つだけ。ため込まない。あれもこれもに手を出さない。この2つはトップ層の生徒は誰もやっていません。これをやらないようにする事だけは細心の注意を払って、塾でも細かく指導しています。

「基本に戻って勉強がしたい!」生徒は栄光義塾に来てください。

早めに取り組んで出来れば8月の第2回全統マーク模試で結果が出ると最高です!

受験相談は金沢校、高岡校、大垣校までお待ちしております!

只今、受験相談のお問い合わせが多い為、ご予約のお問い合わせは栄光義塾HPでは24時間もしくはお電話は各校舎開校時間にて受け付けてござます。

このゴールデンウィーク期間も受験相談、無料体験開催します!

塾長のご紹介