夏期講習!高1生は数学、英語、国語の苦手を克服するチャンスです!金沢 富山 大垣 塾

夏期講習!高1生は数学、英語、国語の苦手を克服するチャンスです!金沢 富山 大垣 塾

栄光義塾です。

中学生から高校に進学をし、その進むペースは学校によって異なりますが、課題の多さ、新たに学ぶ授業の予習が大変と考えている生徒もこの1学期を経てそう感じている生徒も少なくないかもしれません。

特に高1生で数学を苦手にしてまったり、英語や国語を苦手にしてしまうと、文系理系の選択だけでなく、大学を選ぶ基準が狭まるケースも出てきてしまいます。それが、国立大学です。国立大学全国共通テストは、文系理系問わず、数学や国語や英語は必須科目です。

高校1年生で大学の進路を決めている生徒は少ないかもしれませんが、まだ進路が決まっていないからといって、大学の進路を狭めてしまう必要など全くありません。しかし、早い段階でこの主要3科目の苦手意識に手を打っておかないと、本当に大学受験の進路が狭まってしまいます。

それを克服するのが栄光義塾でその生徒が通う高校の授業のスピードをについていく為の基礎力をこの夏に身に着ける!基礎力はその生徒の実力です。実力は変えることが出来るからみんな、その事を信じてどの生徒も一生懸命に勉強をしています。この基礎は持続性の高い復習を繰り返す事で養われていきます。

これは特に高校1年生の数学です。英語です。国語です。例えば受験生に数学が苦手だといった場合、ほとんどの生徒が高1の4月から分からないまま進んでしまっていたといいます。数学は積み重ねの科目ですので、苦手科目になってしまうケースもあります。

その為には、数学の基礎実力を高めていく勉強に取り組む事です。これは数学だけに限ったことではなく、仮に上位との差を感じるのであれば、尚の事、焦らず、追いつくための復習の勉強をどれだけ作ることが出来るかです。それが、この夏の勉強で取り組む学校の宿題と別のあなたが克服したいテーマに取り組む事です。

まずは、絶対的に高1生は学校の授業でそのスピードについていけなくてそれが思いのほか重要な悩みとして抱えている生徒もいますが、もちろん慣れもあるでしょうし、環境が変わっただけとも言えるかもしれませんが、センスや能力と、この基礎実力とは一緒ではありません。何となく解けてしまうのがセンスならば、確実に解くのが基礎実力です。

それが、中学まで得意だった科目が高校に入って点数が取れない典型的なケースです。

そうならない為には、高1生は、特に焦ることなく、数学、英語、国語の主要3科目の基礎実力をもう一度高め直す気持ちさえあれば、後は、栄光義塾がこの持続力の高い基礎実力を高める復習の勉強を教えていきます。

基礎実力を高める勉強こそが、授業のスピードや課題にも時間をかけずに進める事が出来るようになっていきます!

数学がやばい!英語も分からなくなってしまっている!国語はさっぱり、まずい!

この悩みをこの夏で解決する!

チャンスの夏に変えていくなら、栄光義塾のどの基礎が足らないのかを、しっかりと話し合ったうえで、勉強を進めていく方が勉強の効率も格段に上がると思います!